京丹波100%で挑む
“生粋の地酒”

京都府
長老酒造
BS

BSテレ東「都会を出て暮らそうよ~BEYOND TOKYO~」4/14放送 掲載商品

長老「丹」純米吟醸酒 720㎖

1,630円(税込)

  • 特定名称
    純米吟醸酒
  • アルコール度数
    15度以上16度未満
  • 原料米
    五百万石(京丹波産)
  • 精米歩合
    55%

長老「丹」純米吟醸酒 を

長老「丹」純米吟醸酒 720㎖

和知黒淡煮

和知ふるさと振興センター

583円(税込)

和知黒淡煮 を

和知黒淡煮

米、水、人 …
すべてを京丹波産に

土地の 気候風土 が宿る酒

「地酒は、その地の材料と気候風土で醸されてこそのもの」。若き蔵元杜氏の寺井渉さんは、その信念をもって地酒造りに挑み続けています。なかでも「丹」は、京丹波100%にこだわって生まれた地酒。京丹波の農家によって育てられた良質な酒米の五百万石と、京丹波の地下水を使い、「但馬杜氏」の技を継ぐ京丹波の杜氏によって仕込まれた京丹波づくしの純米吟醸酒です。

先代杜氏から継いだ 但馬流儀

創業以来、この蔵では「但馬杜氏」による酒造りが続けられてきました。引退した前杜氏から但馬流儀を受け継いだ寺井さんは、その伝統の技を誠実に、大切に守っています。「ここで生まれた酒は子どものようなもの。蔵人全員が家族のような関係で、みんなで一緒に大切な子どもを育てています」と語ります。

知って損なし!おいしいハナシ

「杜氏(とうじ)」って?

杜氏とは、「酒造りの最高責任者」。ひとつの酒蔵で、杜氏はただひとり。杜氏のもとで酒造りに携わる職人は蔵人(くらびと)と呼ばれます。ちなみに長老酒造が代々酒造りを担ってきた「但馬杜氏」は、江戸時代後期から180年以上の歴史をもつ酒造りの技術職人集団。全国で最大規模の越後杜氏、南部杜氏に次いで、三番目に杜氏数を誇ったといわれます。

そっと
寄り添ってくれるような
やさしさ

香り やわらかく、きめ細やか な味わい

京丹波の農家によって育てられた酒米を100%使用した「丹」は、やわらかな香りと穏やかな味わいをもつ純米吟醸酒。もろみを軽く搾ることで、きめ細やかできれいな酒質に仕上げられています。冷やではそのきれいな酒質が引き立ち、ぬる燗にすると料理にそっと寄り添うように、その味わいがふくみます。

味と香りのタイプ
おすすめの飲み方
おすすめの酒器
テイスティングコメント

やわらかくまろやかな口当たりと米の旨味を感じつつも、ほどよい酸味が心地よい、やさしい味わいの日本酒です。冷酒はもちろんのこと、少し温めていただくのもおすすめ。温めると、まるでバニラのような甘い香りがふくらみ、味わいもぐっとクリーミーに。なのに後味はすっと切れていく。和食の煮物や、クリームソースを使ったパスタなどの洋食に合いそう。料理に合わせて、いろいろな温度でお楽しみください。

島田 律子

日本航空(JAL)国際線CAとして勤務後、タレント活動を開始。2000年「唎酒師(ききさけし)」(SSI)取得後、2001年 日本酒造組合中央会より「日本酒スタイリスト」に任命される。TVや雑誌への出演、コラムの執筆のほか、講演やイベントの司会・出演、酒器や日本酒化粧品の商品開発などを行う。

島田 律子さん

長老「丹」純米吟醸酒 720㎖

1,630円(税込)

  • 特定名称
    純米吟醸酒
  • アルコール度数
    15度以上16度未満
  • 原料米
    五百万石(京丹波産)
  • 精米歩合
    55%

長老「丹」純米吟醸酒 を

春心 生モトつくり純米酒 蔵付酵母無添加コシヒカリ仕込み 720㎖

穏やかな酒質を引き立てる、
極上黒豆の味わい

最高級品の希少な黒豆、
「和知黒(わちぐろ)を堪能

「和知黒」は、丹波黒大豆のなかでも、京丹波町和知地区でしか栽培できない最高級品の黒大豆です。その大粒で繊細な味わいが、やわらかな味わいと穏やかな香りをもつ長老「丹」純米吟醸酒とよく合い、お互いの旨味を引き立て合います。

和知黒淡煮

和知ふるさと振興センター

583円(税込)

京丹波町和知地区で栽培された希少な「和知黒」を、大釜でじっくり丁寧に炊き上げました。赤ワインを使用し、甘さ控えめに仕上げられています。一般的な煮豆とは異なり、あっさりとした味つけなので、和知黒本来の旨みと粒の大きさ、ふっくらとしたやわらかさを味わえます。

和知黒淡煮 を

和知黒淡煮