こんがり焼いた味噌と、原点回帰で生まれた“漆黒の真澄”

長野県
宮坂醸造(真澄 純米吟醸 漆黒 KURO)
長野県
丸髙蔵(丸髙蔵の逸品味噌と焼き味噌皿のセット)
BS

BSテレ東「都会を出て暮らそうよ~BEYOND TOKYO~」10/13放送 掲載商品

真澄 純米吟醸 漆黒 KURO 720㎖

1,782円(税込)

  • 特定名称
    純米吟醸酒
  • アルコール度数
    15度
  • 原材料
    米、米麹
  • 精米歩合
    55%

真澄 純米吟醸 漆黒 KURO を

真澄 純米吟醸 漆黒 KURO  720㎖

丸髙蔵の逸品味噌と焼き味噌皿のセット

丸髙蔵

3,450円(税込)

丸髙蔵の逸品味噌と焼き味噌皿のセット を

丸髙蔵の逸品味噌と焼き味噌皿のセット

天然醸造の“地味噌”を
こんがり焼いて酒肴に

ばしく焼いた味噌と、
透明感 ある旨みの酒

信州諏訪は澄んだ空気、きれいな水、寒暖の差が激しい気候など、味噌造りに適した風土です。1916年(大正5年)創業の丸髙蔵は、真澄を醸造する十九代宮坂伊兵衛の「誰にでも美味しく、健康によい味噌・醤油を造り、世の益にしたい」との想いから始まった、真澄と深いつながりをもつ味噌蔵です。セットの味噌皿に、好みで刻みネギやみりんなどを混ぜた味噌を塗りつけ、直火で少しこんがり焼きあげると香ばしく、酒肴にぴったり。つややかな黒い漆器を思わせる「真澄 純米吟醸 漆黒 KURO」の旨みとシャープさがグッと引き立ちます。

丸髙蔵の逸品味噌と焼き味噌皿のセット

丸髙蔵

3,450円(税込)

丸髙蔵による、味噌の代表作2種。どちらも長野県上田市で契約栽培している、長野県産の中千成大豆と長野県産こしひかり米と、天日塩を使用。天然醸造でじっくり熟成させています。「信濃路」は赤色粒の中甘口、「十四割」はすっきりした淡色粒の甘口です。セットの味噌皿は穴が開いているため、具や調味料を混ぜこんだ味噌を塗り付け、穴に箸を通して直火で焼けます。こんがり焼いた味噌は香ばしくお酒が進むおつまみに。

丸髙蔵の逸品味噌と焼き味噌皿のセット を

丸髙蔵の逸品味噌と焼き味噌皿のセット

燗酒コンテストで最高金賞
漆器のような“調和”の酒

透明感 ある旨みと、
シャープな広がりが心地よい

深みあるつややかな漆黒、すみずみまで研ぎ澄まされた美しさ……。「真澄 純米吟醸 漆黒 KURO」は、そんな漆塗りのつややかな黒をイメージして名付けられました。様々な香味が織りなす“調和”を大切に醸すことで、透明感のある旨みがシャープに口のなかで広がります。すっきりとした素直な味わいで、45℃くらいに温めるとその表情がなおいっそう開花。日々の食卓から華やかな宴席までどんな場面にもしっくり溶け込む、シリーズ中もっともスタンダードな酒です。全国燗酒コンテスト2021/2020のプレミアム燗酒部門で最高金賞を2年連続受賞。

味と香りのタイプ
おすすめの飲み方
おすすめの酒器
テイスティングコメント

穏やかな香り、心地よい酸味、米の旨味がシャープに広がっていき、最後はすっと切れていく……。いわゆる「辛口酒」の爽やかさはそのままに、米の旨みの印象もしっかり残してくれるあたりが本当に旨い。その飲み疲れしない酒質で、気がつけば「もう一杯、もう一杯」と、盃が止まりません。冷酒でいただいてもよし、また、お燗酒にしても美味しい。素晴らしく「燗上がり」するお酒であり、合わせる料理も繊細な味わいからしっかりした味わいまで、どんな料理も美味しく際立たせてくれます。文句なく、「究極の食中酒」と言えるでしょう。

島田 律子

日本航空(JAL)国際線CAとして勤務後、タレント活動を開始。2000年「唎酒師(ききさけし)」(SSI)取得後、2001年 日本酒造組合中央会より「日本酒スタイリスト」に任命される。TVや雑誌への出演、コラムの執筆のほか、講演やイベントの司会・出演、酒器や日本酒化粧品の商品開発などを行う。

島田 律子さん

真澄 純米吟醸 漆黒 KURO 720㎖

1,782円(税込)

  • 特定名称
    純米吟醸酒
  • アルコール度数
    15度
  • 原材料
    米、米麹
  • 精米歩合
    55%

真澄 純米吟醸 漆黒 KURO を

真澄 純米吟醸 漆黒 KURO 720㎖
知って損なし!おいしいハナシ

秋の味覚に合わせたい“ひやおろし”

秋の季語である“ひやおろし”とは、冬季に仕込んだ酒をひと夏寝かせて熟成させ、味にまとまりと丸みが出てきた秋に出荷する酒。「真澄 山廃純米吟醸 ひやおろし」は、きのこや脂ののった肉料理といった山国信州が誇る秋の食材とも相性がよい、季節の1本です。山廃仕込みによる重層的な味わいとほどよい酸味で、酒杯が止まりません。

真澄 山廃純米吟醸 ひやおろし 720㎖

数量限定

宮坂醸造

1,980円(税込)

  • 特定名称
    純米吟醸酒
  • アルコール度数
    15度
  • 原材料
    米、米麹
  • 精米歩合
    55%

真澄 山廃純米吟醸 ひやおろし を

真澄 山廃純米吟醸 ひやおろし 720㎖

“7号系自社株酵母”による
原点回帰の酒造り

2019年、原点 回帰

日本酒はさまざまな微生物の働きによって醸されます。なかでも主役がアルコール発酵を担い、香り成分などをつくる酵母。宮坂醸造は、現在、全国の多くの日本酒で使われている酵母「協会7号」の発祥の蔵です。
2019年、蔵人を率いる統括総杜氏の那須賢二さんは若手社員たちが酒蔵の中から再発見した七号系自社株酵母での酒造りへ回帰することを決断。「落ち着いた香りと調和のとれた味わい」をもつ上質な食中酒造りの姿勢を鮮明にしました。「真澄 純米吟醸 漆黒 KURO」もそのシリーズ中のひとつです。

「人」「自然」「 時」を

宮坂醸造の信念は、「上質な食中酒で人々を結ぶこと」。料理に寄り添う上質な食中酒で人と人の心を結びつけることが自分たちの役割、と考えます。土壌や大気、そこで育まれる水や米……。信州の自然の恵みに感謝し、未来へ守り伝えること。創業以来350年かけて蓄積された心と技を継承し、日本酒の新たな可能性にも挑んでいます。

BS

BSテレ東「都会を出て暮らそうよ~BEYOND TOKYO~」10/13放送