本物の塩辛と、伝説を呼び覚ます浦霞No.12

宮城県
浦霞醸造元 佐浦(純米大吟醸 浦霞No.12)
宮城県
波座物産(昔ながらの濃厚熟成塩辛 750g(150g×5))
BS

BSテレ東「都会を出て暮らそうよ~BEYOND TOKYO~」10/20放送 掲載商品

純米大吟醸 浦霞No.12 720㎖

30本限定

3,300円(税込)

  • 特定名称
    純米大吟醸酒
  • アルコール度数
    16度
  • 原材料
    米、米麹(兵庫県産山田錦100%)
  • 精米歩合
    45%

純米大吟醸 浦霞No.12 を

純米大吟醸 浦霞No.12 720㎖

昔ながらの濃厚熟成塩辛 750g(150g×5)

波座物産

3,980円(税込)

昔ながらの濃厚熟成塩辛 750g(150g×5)を

昔ながらの濃厚熟成塩辛 750g(150g×5)

船上で冷凍した
新鮮なわたをふんだんに

長期樽熟成 の旨みが
きれいな酒質と酸に合う

洋上で冷凍したとびきり鮮度のよいわた(内臓)をたっぷり使い、長期樽熟成(30日~45日)させた濃厚熟成塩辛です。厳選された肉厚なするめいかを手作業で1枚づつ丁寧に並べて一夜干しにし、旨みを凝縮。最小限の調味料で味をととのえて1週間ほど熟成させたわたを、一般的な塩辛のおよそ2倍も使うことにより、濃厚な味わいに仕上げています。手間ひまをかけて、じっくり熟成させた塩辛の旨みが、洗練された「純米大吟醸 浦霞No.12」のきれいな酸とよく合います。

昔ながらの濃厚熟成塩辛 750g(150g×5)

波座物産

3,980円(税込)

いかのわた(内臓)をシンプルに味つけし、肉厚のするめいかとともに、長期樽熟成(30日~45日)。自然発酵の旨みが生きた本物の塩辛です。冷やして七味唐辛子をかけると、いかのわたの風味がすっきりし、酒肴にぴったりです。焼き海苔で巻いて食べると、海苔の香ばしさと、塩辛の旨みが口に広がり、いっそうおいしくなりおすすめです!

昔ながらの濃厚熟成塩辛 750g(150g×5) を

昔ながらの濃厚熟成塩辛 750g(150g×5)

12号酵母による
穏やかで上品な香り

やわらかな 口当たりと
心地よい 吟醸香

ふんわりとしたやわらかな味わいと軽やかな酸、穏やかで上品な香り。後味はすっと儚く消えるようなキレのよさ。ワイングラスに注ぐとその香味がよりいっそう花開く、純米大吟醸酒です。精米歩合45%まで磨かれた兵庫県産山田錦100%、浦霞発祥の「きょうかい12号酵母」を使用。低温での長期間発酵から貯蔵、熟成まで細やかな管理により、洗練された酒質が生まれます。

味と香りのタイプ
おすすめの飲み方
おすすめの酒器
テイスティングコメント

きょうかい12号酵母が「浦霞」佐浦に里帰り。時を超えた佐浦の想いに、飲む前から心が震えます。
12号酵母を知り尽くした酒蔵の「宮城の名工」である天才杜氏が醸すこのお酒は、とにかく口当たりが柔らかく、優しい香りと味わいにはっきりとした酸味が加わることで、最後はすっと切れていく。このすっきりとした高貴なイメージは、バブル期の大吟醸ブームに憧れ追い求めた味わいを彷彿とさせます。

島田 律子

日本航空(JAL)国際線CAとして勤務後、タレント活動を開始。2000年「唎酒師(ききさけし)」(SSI)取得後、2001年 日本酒造組合中央会より「日本酒スタイリスト」に任命される。TVや雑誌への出演、コラムの執筆のほか、講演やイベントの司会・出演、酒器や日本酒化粧品の商品開発などを行う。

島田 律子さん

純米大吟醸 浦霞No.12 720㎖

30本限定

3,300円(税込)

  • 特定名称
    純米吟醸酒
  • アルコール度数
    16度
  • 原材料
    米、米麹(兵庫県産山田錦100%)
  • 精米歩合
    45%

純米大吟醸 浦霞No.12 を

純米大吟醸 浦霞No.12 720㎖
知って損なし!おいしいハナシ

ブランドいちご×純米大吟醸のリキュール

“食べる宝石”と呼ばれる宮城県山元町のブランド「ミガキイチゴ」を、酒米の最高峰「山田錦」100%の純米大吟醸に漬け込んだリキュール。いちごの甘味と酸味、芳醇な香り、そしてゆっくりと洗練された日本酒の香味が広がります。グラスに注ぐと鮮やかなピンク色が美しく、特別な日の乾杯を華やかに演出。ぜひストレートで楽しみたい高品質なリキュールです。

テイスティングコメント

低アルコールの日本酒リキュールというと甘いお酒をイメージしませんか?でもこのお酒は甘すぎず、自然な爽やかな甘みを感じる、まさに大人のリキュール酒。イチゴがそのまま入っていると思うほどのMIGAKI-ICHIGOそのものの味わいと、「浦霞」の華やかな純米大吟醸のコラボレーションがとにかく素晴らしい。食前に少しだけいただくもよし。また、食後のデザートとしても楽しめる。贅沢で幸せでスイートなひと時を演出してくれる、とっても素敵なお酒です。(島田 律子氏)

MIGAKI-ICHIGO×浦霞 純米大吟醸仕込み 375㎖

2,970円(税込)

  • 特定名称
    リキュール
  • アルコール度数
    9~10度
  • 原材料
    清酒、苺、糖類、クエン酸

MIGAKI-ICHIGO×浦霞 純米大吟醸仕込み を

MIGAKI-ICHIGO×浦霞 純米大吟醸仕込み 375㎖

蔵の誇り、
12号酵母を再び表舞台へ――

伝説 の名杜氏が遺したもの

太平洋に面する歴史ある港町、塩釜市。この地に享保9年(1724)創業した佐浦が注目されたのは、昭和20~30年代。当時、“南部杜氏の至宝”とも呼ばれる平野佐五郎が造った酒が数々の鑑評会で受賞したことをきっかけに一躍、幻の美酒を造る蔵として評判を呼びました。のちにこの蔵から分離され、日本醸造協会に登録された「きょうかい12号酵母」はいちごのような上品な香りを生み出す吟醸用酵母として人気を得ました。しかし、近年は新たな酵母の開発など、時代の流れとともに「きょうかい12号酵母」はいつしか表舞台から消えてしまいした。

自社発祥酵母に 回帰

「この酵母を復活させるのは、当社しかない」――。13代目蔵元、佐浦弘一さんの強い想いに共感した杜氏の小野寺邦夫は、ともに「きょうかい12号酵母」による酒造りに取り組みました。そして誕生したのが「純米大吟醸 浦霞No.12」。その高い酒質には、“南部杜氏の至宝”から継いだ志、そして吟醸造りの歴史に名を刻んできた蔵の誇りが宿っています。

BS

BSテレ東「都会を出て暮らそうよ~BEYOND TOKYO~」10/20放送