合鴨スモークと三ツ星級のスパークリング酒

山梨県
山梨銘醸(七賢 Alain Ducasse Sparkling Sake)
宮城県
マイスター山野井(合鴨スモークブレスト)
BS

BSテレ東「都会を出て暮らそうよ~BEYOND TOKYO~」10/27放送 掲載商品

七賢 Alain Ducasse Sparkling Sake 720㎖

5,500円(税込)

  • 特定名称
    発泡系・スパークリング
  • アルコール度数
    12度
  • 原材料
    米、米麹、日本酒(すべて国産)
  • 精米歩合
    非公開

七賢 Alain Ducasse Sparkling Sake を

七賢 Alain Ducasse Sparkling Sake 720㎖

合鴨スモークブレスト

マイスター山野井

1,544円(税込)

合鴨スモークブレストを

合鴨スモークブレスト

マイスターの名作と
華やかな乾杯酒

なめらかな 赤身、旨みの 脂身

ドイツの国家資格「ドイツフライッシャーマイスター」とは、厳密な基準をクリアした食肉加工の匠に贈られる称号です。1999年にその称号を取得した山野井進治による「合鴨スモークブレスト」は、しっとりなめらかな合鴨の赤身と脂身の旨さが忘れられなくなる名作。スモークの香りがアクセントとなり、余韻が長く続きます。フランス・パリの三ツ星レストラン「アラン・デュカス」とのコラボ―レーションで生まれた、華やかなスパークリング日本酒「七賢 Alain Ducasse Sparkling Sake」と合わせると、お互いの存在感が際立ちます。

合鴨スモークブレスト

マイスター山野井

1,544円(税込)

ドイツの国家資格「ドイツフライッシャーマイスター」をもつ食肉加工の匠、山野井進治が率いる「マイスター山野井」。その合鴨スモークブレストは、ファンに愛される看板商品です。しっとりとした合鴨の赤身肉と脂の旨みは、創業以来の「手造りの心」とマイスターの卓越した技法によるもの。パックから取り出し、そのまま薄くスライスして楽しめます。

合鴨スモークブレスト を

合鴨スモークブレスト

パリの三ツ星レストランとの
コラボレーションで誕生

みずみずしい 泡、
さくらんぼ
のニュアンス

みずみずしさを感じる泡立ち、さくらんぼのニュアンスを持つ香り。桜の樽熟成による淡い苦みを帯びた甘みが穏やかな余韻をもたらす、新境地のスパークリング日本酒です。フランス・パリで三ツ星を獲得するレストラン「アラン・デュカス」と七賢のコラボレーションで誕生。山梨の水と地中海のインスピレーションを礎とし、デュカス・パリのシェフソムリエであるジェラール・マルジョン氏のディレクションのもと、シャンパンの製法に近い瓶内二次発酵の手法により完成しました。

味と香りのタイプ
おすすめの飲み方
おすすめの酒器
テイスティングコメント

見ているだけで心まで華やぐ、シャンパーニュと瓶内二次発酵のきめ細かな美しい泡。これだけ複雑設計でありながらも、瑞々しくさくらんぼやリンゴなどを感じるフルーティーさと、お米の甘さ、樽熟成ならではの淡い苦み、複雑味という表現では決してない、そこはかとなく美しい奥行きを感じる逸品。酒蔵が位置する白州の清らかな水を感じると同時に地中海の風も感じる。和でも洋でもある、これぞ「世界に通用する味」の日本酒です。

島田 律子

日本航空(JAL)国際線CAとして勤務後、タレント活動を開始。2000年「唎酒師(ききさけし)」(SSI)取得後、2001年 日本酒造組合中央会より「日本酒スタイリスト」に任命される。TVや雑誌への出演、コラムの執筆のほか、講演やイベントの司会・出演、酒器や日本酒化粧品の商品開発などを行う。

島田 律子さん

七賢 Alain Ducasse Sparkling Sake 720㎖

5,500円(税込)

  • 特定名称
    発泡系・スパークリング
  • アルコール度数
    12度
  • 原材料
    米、米麹、日本酒(すべて国産)
  • 精米歩合
    非公開

七賢 Alain Ducasse Sparkling Sake を

七賢 Alain Ducasse Sparkling Sake 720㎖

日本酒にしかたどり着けない
発泡の境地へ

兄弟 で築く「七賢」ブランド

寛延3年(1750)、白州の水のよさに惚れ込んだ初代がこの地で創業。以来、白州の清らかな水と調和した酒造りを追求してきました。2014年に杜氏制を廃止し、醸造責任者として北原亮庫さんが就任。最新の醸造設備による安定的かつ高品質な酒造りの環境を整え、スパークリング日本酒を次々とヒットさせて脚光を浴びてきました。2018年、代表取締役社長に就任した兄の北原対馬さんとともに、七賢ブランドを牽引しています。

スパークリングで 世界

すうっと口になじみ、驚くほど角がなく、切れが心地よい。七賢が掲げるのはそんな「白州の水を体現する酒」。口に含んだときのみずみずしさ、爽やかさ、軽快さが七賢の真骨頂です。歴史と伝統を守りながらも、革新的な挑戦を続ける山梨銘醸。「七賢 Alain Ducasse Sparkling Sake」は、そのひとつの完成形です。「スパークリング日本酒といえば七賢」といわれるほど、いまやその名が世界に広まっています。

BS

BSテレ東「都会を出て暮らそうよ~BEYOND TOKYO~」10/27放送