28年熟成した純米大吟醸の旨みのしずくとちりめん山椒

京都府
増田德兵衞商店(純米大吟醸「柳」アッサンブラージュ古酒(28年ブレンド))
京都府
こと路(京風味!ちりめん山椒と抹茶ちりめん)
BS

BSテレ東「都会を出て暮らそうよ~BEYOND TOKYO~」11/24放送 掲載商品

純米大吟醸「柳」アッサンブラージュ古酒(28年ブレンド) 720㎖

虎ノ門酒場完全限定品

8,800円(税込)

  • 特定名称
    純米大吟醸酒
  • アルコール度数
    16度
  • 原材料
    米(国産)、米麹(国産米)
  • 精米歩合
    50%

純米大吟醸「柳」
アッサンブラージュ古酒(28年ブレンド)を

純米大吟醸「柳」アッサンブラージュ古酒(28年ブレンド) 720㎖

京風味!ちりめん山椒と抹茶ちりめん

こと路

3,980円(税込)

京風味!ちりめん山椒と抹茶ちりめん を

京風味!ちりめん山椒と抹茶ちりめん

1992年醸造の
純米大吟醸をブレンド

熟成 を重ねた
純米大吟醸の美しさが光る

昭和30年代、まだ“日本酒を長期熟成させる”という概念がほぼなかった時代、全国で初めて本格的な熟成酒づくりを開始した増田德兵衞商店。純米大吟醸酒などハイスペックな日本酒を甕貯蔵することで、他にないまろやかな熟成酒を生み出しています。純米大吟醸『柳』アッサンブラージュ古酒(28年ブレンド)は、この蔵を代表する純米大吟醸『柳』 の28年熟成酒(1992年醸造)と、1年ものを蔵元自らがブレンド。奥深い熟成酒の旨みと、1年ものの香りと味わいが複雑にハーモニーを奏で、余韻がきれいにすっと消えます。1年ものはANAはじめルフトハンザ航空などに採用されている人気酒です。

味と香りのタイプ
おすすめの飲み方
おすすめの酒器
テイスティングコメント

「柳」は口当たりの柔らかさと華やかな香りが素晴らしい。京都・伏見らしい、はんなりとした美しさと気品を纏った、優雅な女酒。そこに増田徳兵衛社長が個人で保管していた、世に出ていない「柳」の古酒を、一番美味しいと思える割合でアッサンブラージュしたという、めまいがするほど贅沢すぎるお酒。夜の優雅なひととき、酒器にもこだわってじっくりと大切に味わいたい。大人の愉しみとはまさにこのことだと思わせてくれる、とっておきのお酒です。

島田 律子

日本航空(JAL)国際線CAとして勤務後、タレント活動を開始。2000年「唎酒師(ききさけし)」(SSI)取得後、2001年 日本酒造組合中央会より「日本酒スタイリスト」に任命される。TVや雑誌への出演、コラムの執筆のほか、講演やイベントの司会・出演、酒器や日本酒化粧品の商品開発などを行う。

島田 律子さん

純米大吟醸「柳」アッサンブラージュ古酒(28年ブレンド) 720㎖

虎ノ門酒場完全限定品

8,800円(税込)

  • 特定名称
    純米大吟醸酒
  • アルコール度数
    16度
  • 原材料
    米(国産)、米麹(国産米)
  • 精米歩合
    50%

純米大吟醸「柳」
アッサンブラージュ古酒(28年ブレンド)を

純米大吟醸「柳」アッサンブラージュ古酒(28年ブレンド) 720㎖
知って損なし!おいしいハナシ

月の桂 中汲純米にごり酒

“米のシャンパン”とも呼ばれ、人気が高い「月の桂 中汲純米にごり酒」。昭和41年、全国で初めて発売された増田徳兵衛商店の”スパークリングにごり酒”です。今期からすべての仕込みを純米造りとし、味わいもデザインも一新。爽やかなスパークリング感が華やかな雰囲気を演出してくれます。飲み飽きしないバランスのとれた酒質で、幅広い料理に合います。原料は京都府産の酒米が中心。12月の新酒の発売に先駆けて、虎ノ門酒場での先行発売です!

テイスティングコメント

味わいは華やかでありながら甘くなく、どちらかといえば辛口であり、飲み飽きしない。もちろん、にごり酒なのでフレッシュな中にもコクあり。発泡感は食前酒として乾杯にピッタリ。前菜に合わせても、爽やかにいただける。コクもあるので、メイン料理にも合わせられる。どんなシーンにもマッチし、とにかく美味しくて思わず杯が進んでしまいます。元祖「にごり酒」増田徳兵衛商店の、素晴らしきジャパニーズシャンパーニュ、ここにあり!です。(島田 律子氏)

月の桂 中汲純米にごり酒 720㎖

先行販売

1,760円(税込)

  • 特定名称
    純米酒
  • アルコール度数
    17度
  • 原材料
    米(国産)、米麹(国産米)
  • 精米歩合
    60%

月の桂 中汲純米にごり酒 を

月の桂 中汲純米にごり酒 720㎖

“これぞ京都”の
美しいちりめん山椒

山椒の 清々 しい香りで酒杯が進む

もともとは女将が親しい方へのご挨拶として手づくりしていたちりめん山椒が評判を呼び、店を構えるようになったという京都の「こと路」。その透明感のある上質なちりめん山椒は、小粒の山椒の実がぴりりと清々しく香ります。現在もすべて女将が店で手づくり。その日の気温や温度、じゃこの塩分、乾燥具合によって、火加減や味つけ、炊き込む時間が変わります。きれいな旨みと香りが、『純米大吟醸「柳」アッサンブラージュ古酒(28年ブレンド)』によく合います。

京風味!ちりめん山椒と抹茶ちりめん

こと路

3,980円(税込)

小ぶりで透明感のあるちりめんは九州・四国のものを厳選。旬の時期に採れたおもに和歌山産の山椒の実を、1粒ずつ手で丁寧にそろえて炊き合わせています。酒肴はもちろん、ほかほかの白いご飯やお茶漬け、おにぎり、冷奴、大根サラダやパスタ、トーストにのせても。通常、百貨店などでしか扱っていない「抹茶ちりめん」も特別にセットにしました。

京風味!ちりめん山椒と抹茶ちりめん を

京風味!ちりめん山椒と抹茶ちりめん

季節感を大切に、
純米造り100%の蔵へ

伏見の伝統蔵の 挑戦

延宝3年(1675)創業の増田德兵衞商店は、伏見でもっとも歴史ある造り酒屋。 “にごり酒”と“古酒”の元祖蔵元としても知られます。昭和41年に発売した「大極上中汲にごり酒」は、加熱殺菌をしていないフレッシュな活性にごり酒。清酒でありながら、古来のどぶろくにきわめて近い味わいで、当時としては革新的でした。また、昭和36年から本格的な熟成酒造りを開始し、日本酒を甕貯蔵するという手法で熟成させてきました。老舗でありながら、先代らが革新的な挑戦を続けてきました。

純米 造り100%の蔵へ

平成7年から伏見の特定農家と契約し、蔵元自ら田植えをして無農薬有機栽培米「祝」の栽培にも取り組んできました。そして今期より、すべての仕込みを純米造りのみにシフト。人気商品のスパークリングにごり酒も、“新純米にごり酒”となり、味わい、デザインを一新。米のしっかりとした旨みとともに軽やかさも感じられ、飲み飽きしないにごり酒を目指しています。日本酒の文化を次世代につなぐために。純米酒の蔵として、新たな時代を築いています。

BS

BSテレ東「都会を出て暮らそうよ~BEYOND TOKYO~」11/24放送