酒蔵探訪

田んぼの命が宿る
“本物の純米酒”を

長野県
宮島酒店

純米酒ひとすじ。だからこそ、
米の力を信じて引き出す

南アルプスと中央アルプスにはさまれ、天空にそびえる美しい山々の稜線を仰ぎ見る長野県南部の伊那谷(いなだに)。明治44(1911)年、この地に創業した宮島酒造は、もともと米穀商を営んでいたことから、良質な原料米へのこだわりを受け継ぎながら酒造りを続けてきました。

1967年、現在の宮島敏社長の父に当たる3代目の宮島宏一郎氏は「日本酒のあるべき姿」を追求し、かつて当たり前のように使われていた防腐剤を一切使わない酒造りをすべての仕込みで実現。これは全国の蔵で初めてのことであり、当時の日本酒業界におけるイノベーションでした。

2006年からはすべての仕込みを、醸造アルコールを使わない「純米醸造酒」のみに転換。純米酒から純米大吟醸酒まで、すべての酒造米を無農薬もしくは減農薬での契約栽培米とし、米本来の旨味を感じる日本酒を追求しています。