酒蔵探訪

高く評される
実力派の注目蔵

茨城県
青木酒造

“職人杜氏”が率いて造る
世界クラスの日本酒

天保2年(1831年)、渡良瀬川と利根川が交わる茨城県古河市に、青木酒造は創業しました。現在では古河唯一の地酒を造る酒蔵として、小規模ながらも家族で営み、代々受け継いできた土地や伝統を守っています。

「御慶事」という酒名は、三代目当主が大正天皇御成婚の折、皇室の繁栄と日本の隆盛への願いを込めて「最高の慶びごと」という意味で命名されました。

近年は、蔵元が杜氏を兼ねる酒蔵が増えていますが、青木酒造では現在も秋から春にかけての醸造期間だけ、“職人杜氏”が蔵人を率いてお酒を造る昔ながらのスタイルで酒を醸しています。その酒造を代表する「御慶事 純米吟醸 ひたち錦」は、近年国内のみならず、世界でも注目されています。2016年には、IWC (インターナショナルワインチャレンジ) SAKE部門 純米吟醸カテゴリーで最高位を受賞。さらにU.S. National Sake Appraisal (全米日本酒歓評会) 吟醸部門で、最高位のグランプリ受賞と立て続けに高い評価を受けます。