酒蔵探訪

蔵人の五感と
丁寧な手仕事による酒造り

山形県
出羽桜酒造

透明感ある酒質が
世界で高く評価される

「吟醸王国山形」――。奥羽山脈をはじめとする峰々を望む山形県は、やわらかく透明感のある吟醸酒の出荷割合が高いことからそう呼ばれています。雪が舞い積もる厳寒期、山岳地帯から湧き出る名水を利用し、低温長期発酵による吟醸造りが盛んになりました。

なかでも山形県を代表する吟醸造りの蔵として知られるのが、1892(明治25)年創業の出羽桜酒造です。1980年に発売し、いまも看板商品となっている「桜花吟醸酒」は、当時まだほとんど知られていなかった“吟醸酒”という華やかでフルーティーな日本酒の存在自体を、世に広めるきっかけとなりました。

創業時から変わらず大切にしているのは、蔵人の五感。手造りによって丁寧に醸された酒の品質をそのまま味わえるよう、大型冷蔵庫や脱気装置などさまざまな工夫をしています。インターナショナル・ワイン・チャレンジの最高賞チャンピオン・サケをはじめ、国内外のコンクールで数々の賞を受賞。その洗練された酒質が、世界でも高く評価されています。