酒蔵探訪

“温故知新”で醸す
美しい酒

岩手県
南部美人

岩手県が誇る南部杜氏の
伝統と心を世界へ

岩手県北部、青森県との県境に位置する人口2万5千人の町、二戸市。折爪岳や馬仙峡など、豊かな自然に恵まれたこの地に1902年、南部美人は創業しました。

「南部美人」という銘柄が誕生したのは、昭和26(1951)年。当時、日本酒といえば全国的に雑味の多い酒が主流でした。そんな時代、南部美人前会長の故・久慈秀雄が、当時の二戸税務署長だった故・伊藤正とともに、素晴らしい自然と水に恵まれた南部の国(岩手県二戸市)の地で「美しい酒をつくろう」という想いで名づけました。

その酒造りは、日本三大杜氏に数えられる岩手県出身の杜氏集団「南部杜氏」によって守られてきました。現在、南部美人を醸しているのが、若き南部杜氏の松森淳次です。五代目蔵元である久慈浩介とともに、「温故知新」を合言葉とし、酒造りに邁進しています。全国新酒鑑評会での6年連続金賞受賞をはじめ、海外のコンテストでもそのきれいな酒質が高く評価され、ニューヨークやアラブ首長国連邦などでは「サザンビューティー」の名称で親しまれています。