酒蔵探訪

日光連山より湧く伏流水で
新たな酒造りに挑む

栃木県
西堀酒造

伝統の文化財建築と
美しい風土に魅せられる

日光連山より湧き出す天然水と、美しい水田……。明治5年(1872年)、初代の西堀三左衛門はその豊かな風土に魅せられて、栃木県小山市の酒蔵1棟を買い譲り受けました。それが、西堀酒造の始まりでした。創業当時の建築は現在も継承され、「長屋門」「仕込蔵」「瓶詰場」「煙突」が国登録有形文化財に登録されています。

西堀酒造の仕込み水は、日光連山より湧き出す天然伏流水です。その良質な中硬水を磁気処理により活性化させ、さらに0.2ミクロンまで濾過して不純物を取り除くことにより、繊細できめ細やか、かつ発酵に適した仕込み水に仕上げられます。この仕込み水により、西堀酒造の持ち味である、米の旨味をしっかりと引き出した「濃醇」タイプの酒が生まれます。

西堀酒造ではもっとも歴史ある銘柄「若盛(わかざかり)」のほか、古代米100%の純米酒「愛米魅(あいまいみー)」、日本初のクリアタンク醸造「クリア・ブリュー」(※特許取得済)、LED色光照射発酵酒「ILLUMINA(イルミナ)」など、新たな酒造りに積極的に挑んでいます。