酒蔵探訪

東京都港区のビルで
醸す地酒

東京都
東京港醸造

史上初の無洗米醸造で
地球にやさしい酒造り

文化9(1812)年、現在の東京都港区芝に造り酒屋として創業した「若松屋」は、かつて薩摩藩の御用商人でした。界隈には薩摩藩の上屋敷や蔵屋敷などが立ち並び、若松屋の奥座敷は多くの要人たちの密談の場となり、西郷隆盛や勝海舟らが忍んで通ったと伝わります。

そんな歴史の舞台となった若松屋でしたが、明治時代になると後継者問題や酒税法の変化に伴い、明治2(1909)年に酒造業を廃業。以来、飲食店としてのれんが受け継がれてきました。

平成23(2011)年、若松屋の7代目、齊藤俊一氏が立ち上げたのが東京港醸造です。この地でどぶろくの製造からスタートし、2016年より酒蔵としての本格的に始動。敷地22坪 鉄筋コンクリート4階建てビル内、合計150㎡にも満たない空間を駆使し、通年の“小さな酒造り”を実現しています。また、史上初の無洗米醸造法を開発し、従来の酒造りで必要な水と排水を10分の1にまで減らすことに成功。地球にも、造り手にもやさしい「サステナブル酒プロジェクト」に取り組んでいます。