酒蔵探訪

“7号系自社株酵母” で
原点回帰の酒造り

長野県
宮坂醸造

日本酒史に輝く酵母
「協会7号」が誕生

寛文2年(1662)、清冽な水と冷涼な気候に恵まれた信州諏訪に創業。全国に約2万5000社ある諏訪神社の総本社、諏訪大社のご神宝のひとつ「真澄の鏡」からその名をいただいた「真澄」ブランドで知られています。

大正8(1919)年、当時の蔵元宮坂勝は窪田千里を杜氏に迎え、「日本一の美酒をつくろう」と、全国の名門酒蔵への視察を重ね、設備や技術を磨きました。努力が結実し、昭和18(1943)年、全国清酒鑑評会で第1位の栄冠を獲得。以降、鑑評会で上位入賞を繰り返し、その驚くべき酒質の高さが研究者の注目を集めました。

そうして宮坂醸造の蔵から発見されたのが、発酵力が強く、上品な香りをつくる優良な清酒酵母でした。この酵母は分離されて日本醸造協会が頒布する「協会7号」(通称「真澄酵母」)となり、現在、全国でもっとも多くの日本酒に使われていいます。

現在、宮坂醸造では自社培養による7号系酵母を使い、穏やかな香りの食中酒づくりを追求し、国内のみならず海外でも酒質の高さが評価されています。