酒蔵探訪

にごり酒と熟成酒の
歴史を切り拓いた

京都府
増田德兵衞商店

「季節性」と「個性」を
大切に育てた伏見の老舗酒蔵

平安時代から風光明媚な地として知られ、安土桃山時代には豊臣秀吉が伏見城を築城し、一大城下町となった京都の伏見。桃山丘陵を源とする清冽な水に恵まれ、古くから日本を代表する酒造りの地として知られてきました。谷崎潤一郎、永井荷風など酒仙を標榜する作家や文人が書き記しています。

そんな伏見でもっとも古い歴史をもつ造り酒屋が、延宝3年(1675)創業の増田德兵衞商店です。代表銘柄は、「桂の月」。にごり酒と古酒の元祖蔵元とされ、昭和41年に発売した「大極上中汲にごり酒」は、加熱殺菌をせずに搾ったままを壜詰めにした“米のシャンパン”とも呼ばれる活性にごり酒。どぶろくにきわめて近いフレッシュなおいしさで、人々を驚かせました。これは“にごり酒”という日本酒の新ジャンルの確立といえる出来事でした。

また、昭和51年には10年秘蔵大吟醸古酒「琥珀光・特別酒」を全国に発売しました。

平成7年からは地元の特定農家と契約し、社長自らも田植えをして無農薬有機栽培米「祝」を育てて酒造りに取り組んでいます。また、今期よりすべての仕込みを純米造りとし、味わいもデザインも一新した、新純米にごり酒が誕生しました。