醤油・塩・味噌の柔らか煮豚!まっくろ・まっしろ・八ちょう煮豚の3本セット

まっくろ・まっしろ・八ちょう煮豚のセット

  • まっくろ・まっしろ・八ちょう煮豚のセット
  • まっくろ・まっしろ・八ちょう煮豚のセット
  • まっくろ・まっしろ・八ちょう煮豚のセット
商品名 まっくろ・まっしろ・八ちょう煮豚の3本セット
商品コード DC021947
配送パターン


販売価格 4,810円 (税込・送料別
便種
ポイント 44pt(1%)

お客様からのおいしい声

7/12

しえる様

「まっくろ」はそのままでも大変美味しいですが、炒飯に使うとレベルが上がります。

5/25

michaelmako様

3種の味を楽しめて、ボリュームもあり、お手頃価格。また注文します。

3/16

suw様

まっしろは、ちょっと脂が強かったかな まっくろ・八ちょうの方はとっても美味しかったです。

3/14

Chevy様

変わらず美味しいのですが、昔に比べて脂身が多くなったような気がします

3/6

クリクリ様

どの味付けもそれぞれ趣があって美味しいです、脂身特に大好きです。

8/28

あさたろう様

とても美味しかったです。八ちょうはおつまみに最高でした。

8/30

なーたん様

ボリュームがあってお得感があります。個人的には味噌味がおいしかったです。

8/5

なむーパパ様

ボリューム十分。八丁味噌の風味がとてもよかった。

9/16

quiqui様

しっとり美味しい〜です♪梱包もシンプルで良し、湯煎袋(保存袋?)付なのがまた親切ですね

12/12

ちびころくろ様

美味しくて二度目の購入です。このボリュームで安いと思います。

7/10

ちびころくろ様

食べごたえがあります。どれも美味しくて、チャーハン、丼、野菜炒めの具材にしてみました。

5/24

1様

うまい

3/13

ゆうみん様

3つの味が楽しめ、それぞれとても美味しいです。

1/24

はなちん様

すべてのお肉が柔らかくて、おいしかったです。特に八ちょうの煮豚がよかったです。

10/24

ミノル様

3種類ともそれぞれ美味しくて、ボリュームもあり、大満足で2回目の注文となりました。

10/17

雨だれ君様

やわらかくて美味しい

10/17

こーさく様

ボリュ〜ミ〜で美味しくいただきました。

10/10

tono様

まだまっくろしか食べていないが美味しい

9/20

ちばっち様

ボリュームがあって食べ応え十分です。意外とさっぱりしていて食べやすかったです。

4/25

ミノル様

ボリュームもあり、味も大変良かったです。すごくリーズナブルですね。

4/25

daisyou1040様

非常においしくいただきました。

4/11

イカデビル様

ちょっと厚めに切ってフライパンで炙って食べてみました 油がうまいです


商品詳細

内  容 まっくろ煮豚 430g×1本
まっしろ煮豚 430g×1本
八ちょう煮豚 430g×1本
保存袋9枚
原材料 【まっくろ煮豚】豚バラ肉(デンマーク産)、醤油、米、米麹、アルコール、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、(原材料の一部に大豆、小麦を含む)
【まっしろ煮豚】豚バラ肉(デンマーク産)、食塩
【八ちょう煮豚】豚バラ肉、味噌(八丁味噌)、味噌(白みそ)、醤油、砂糖、食塩、醗酵調味料、ワイン、みりん、蜂蜜、ポースエキス、水あめ、りんごパルプ、桃、米、米麹、風味料(かつお節、昆布、煮干、椎茸)、醸造酢、酒精、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、(原材料の一部に豚肉・大豆・小麦・桃・リンゴを含む)
保存方法 冷蔵
賞味期限 まっくろ煮豚:製造日より30日
まっしろ煮豚:製造日より20日
八ちょう煮豚:製造日より20日

発送について

  • 8/16(月) 12:30 までのご注文で

8/19(木)から
3日以内に出荷予定
です。

  • ※お届け日は出荷地域・お届け地域によって異なります。
  • ※青果物の場合、天候の影響で収穫時期が予定より前後する可能性がございます。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • ※パソコンでのお申込みの方には、発送日の午後に「発送予定メール」をお送りいたします。
  • ※商品は交通事情や天候等の理由により、お届けが遅れることがございます。
  • ※お届けに要する日数は最寄りのヤマト運輸営業店へお問合せください。

ここ静岡県榛原郡吉田町の住宅街に、地元に愛され続けているハム屋さん 創業65年以上の吉田ハム工場があります。現在はお肉を見続けてこの道40年の肉職人・三代目松本秋義さんが味を守り続けています。
名前にもあるように「ハム」を主に製造していますが、それ以外にもソーセージやベーコン、地元のお肉屋さんならではのお惣菜などがショーケースにずらり。今回はその中でも人気上昇中の柔らか煮豚を紹介します。

この煮豚の特徴は何といっても目に飛び込む色。
その名も「まっくろ煮豚」と「まっしろ煮豚」。
まっくろ煮豚は、醤油ベースの煮豚。この煮豚は、なんと3つの窯を使い煮込むという手のかけよう。 まず1つ目は、豚肉の余分な脂や豚独特の臭みを取るための窯。そして次は特製の醤油ダレの窯。最後は、この煮豚の特徴でもある柔らかさと、じっくり中までタレを染み込ませるための一番重要な窯。 肉汁の入った特製ダレと煮豚を柔らか〜くなるように調理します。
この3つの窯がなくては、「まっくろ煮豚」は完成しません。
そしてもうひとつの煮豚「まっしろ煮豚」。こちらの調味料はシンプルに塩のみ!素材がいいからこそ自信をもって製造しています。
それは三代目松本さんの肉職人としてのこだわりです。
そして今回は、醤油・塩味の煮豚の味わいのほかに「八ちょう煮豚」もセットになっています。
名前から想像できるように「八ちょう味噌」をベースに特製タレでじっくり3時間煮込み味を染み込ませています。

どの煮豚も1本430gと大ボリューム! お肉はバラ肉を使用していますが脂っこさはなく、お子様からご年配まで幅広くお楽しみいただける味付けで、ラーメン屋さんや、串カツ屋さんなどの飲食店でも使用されています。

この煮豚は、お好みの厚さにスライスし、おまけとしてお付けする湯せん袋で10分ほど温めて召し上がってください。温めることでより煮豚の柔らかさを感じられます
まずはまっくろ煮豚。ごはんとの相性が抜群です。スライスした煮豚をごはんに乗せ、卵黄を落として豪快にどうぞ!
他にもラーメンのトッピングはもちろんのこと、煮豚にパン粉をつけて煮豚カツ丼もおすすめです。 まっしろ煮豚は、素材そのものを味わっていただける、ゆず胡椒やわさび醤油などがおすすめ!おつまみに最適です。味付けは塩のみですので、サラダのトッピングや、カレーやチャーハンにもピッタリです。
最後は八ちょう煮豚。
味噌のまろやかな味わいが口に広がりそのままおつまみとして最適です。
さらに、焼いていただくとよりお味噌の香ばしさも楽しめ、野菜に巻いてお召し上がりいただくのもおすすめです。
是非ご家庭でいろいろなお料理にアレンジしてお楽しみください。

戻る