鶏肉の王様!じわっと染み出る旨み<父の日>純系名古屋コーチン燻製セット

<父の日>純系名古屋コーチン燻製セット

  • <父の日>純系名古屋コーチン燻製セット
  • <父の日>純系名古屋コーチン燻製セット
  • <父の日>純系名古屋コーチン燻製セット
商品名 <父の日>純系名古屋コーチン燻製セット
商品コード DC061655
配送パターン


販売価格 3,780円 (税込・送料別
便種
ポイント 350pt(10%)

販売期間前です


商品詳細

生産地 愛知県
内  容 ブレスト(105〜115g)×1
ブレストパストラミ(105〜115g)×1
ササミコンビ(50〜70g)×2
チキンバー3本(140〜160g)×1
原材料 【ブレスト】名古屋コーチン鶏肉(胸肉)、食塩、糖類(ぶどう糖、砂糖、水あめ)、乳たん白、リン酸塩(Na)、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(V.C)、発色剤(亜硝酸Na)、香辛料抽出物
【ブレストパストラミ】名古屋コーチン鶏肉(胸肉)、食塩、糖類(ぶどう糖、砂糖、水あめ)、乳たん白、香辛料、リン酸塩(Na)、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(V.C)、発色剤(亜硝酸Na)、香辛料抽出物
【ササミコンビ】名古屋コーチン鶏肉(ササミ)、食塩、糖類(ぶどう糖、砂糖、水あめ)、乳たん白、香辛料、リン酸塩(Na)、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(V.C)、発色剤(亜硝酸Na)、香辛料抽出物<…続きを見る
保存方法 冷蔵
賞味期限 製造日を含む60日間

発送について

  • 6/14(月) 12:30 までのご注文で

6/17(木)から
3日以内に出荷予定
です。

  • ※お届け日は出荷地域・お届け地域によって異なります。
  • ※青果物の場合、天候の影響で収穫時期が予定より前後する可能性がございます。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • ※パソコンでのお申込みの方には、発送日の午後に「発送予定メール」をお送りいたします。
  • ※商品は交通事情や天候等の理由により、お届けが遅れることがございます。
  • ※お届けに要する日数は最寄りのヤマト運輸営業店へお問合せください。

正式名称は「名古屋種」と言われる地鶏「名古屋コーチン」。中でも愛知県の畜産総合センターから供給された鶏を名古屋コーチン普及協会員が名古屋市周辺で生産したものにのみ「純系名古屋コーチン」の名が与えられ、「生粋・純血の名古屋コーチン」として認知されています。在来種の血が50%以上でも「地鶏」と呼ばれるものが多い中で、唯一純血で「地鶏の王様」と呼ばれるのにふさわしい品種。その純系名古屋コーチンを、雛の状態から、提携農家による生育、肉の加工までを一括管理して行っている「純系名古屋コーチン工房」。その工房で新鮮な素材を使い、手間暇かけて作られる贅沢な一品がこの「純系名古屋コーチン燻製セット」です。

名古屋コーチンは飼育が非常に難しいため、純系名古屋コーチン工房では、提携している熟練の農家との連絡を密にとりながら、その生育環境等をチェックしています。「平飼い」と言われる、鶏が地面を自由に動き回れる環境で育てることにより、引き締まった肉質に仕上がる点が特徴。また120日〜150日という長い期間をかけて、しっかりと管理された飼料を与えながら、じっくりと育てることにより、 コクとうま味を蓄えた肉質 となります。「 短い期間で太らせた鶏の肉とは全く違いますよ 」と教えてくれたのは、「純系名古屋コーチン工房」の杉本さん。じっくりと下味を付け、形を整え、桜のチップで燻製にし、純系名古屋コーチンの うま味をギュッと閉じ込めて います。

むね肉、香辛料で味付けしたむね肉パストラミ、ササミ、ササミパストラミ、手羽元と、様々な味わいを楽しめるセットをご用意しました。冷蔵でお届けしますので、袋から出して、カットすればすぐにお召し上がり頂けます。では、まずむね肉から。口に入れるとふわっと香る燻製の香り、適度な歯ごたえ、そしてきめ細かい舌触りは、上質なハムのような味わいです。燻製というとパサついているような印象を受けますが、こちらはジューシーに感じるほど、しっとりしています。袋から出す前に、少しお湯に入れて温めると、上質な脂が染み出てきて、ますますジューシーに。あっさり食べたいときは、そのままで、少し脂分を感じたいときは、温めて、という使い分けが良さそうです。むね肉パストラミは肉自体の旨みはそのまま、香辛料が味の幅を広げてくれている印象。サンドイッチの具にする・・・なんて贅沢ですが、たまにはいつもより1ランク上の素材を使った軽食もイイかもしれません。
ササミとササミパストラミは脂肪が少ないため、しっかりした噛みごたえがあり、噛めば噛むほど、豊かな燻製の香りと味わいがあふれてきます。カロリーも低いといわれるササミですので、刻んでサラダのトッピングに使っても良さそう。
手羽元は断然温めて食べるのがおすすめ。手は少し汚れますが、豪快にかぶりついた方が、その美味しさを堪能できます。
「ちょっとマヨネーズをつけても美味しいですし、ご飯と炒めれば、一段上の美味しいチャーハンができますよ!」と杉本さんから教えてもらいました。お取り寄せして、ぜひその美味しさをお確かめ下さい。

戻る