希少な白皮かじき使用白皮かじきの「味噌漬」 6切れ

白皮かじきの「味噌漬」 6切れ

  • 白皮かじきの「味噌漬」 6切れ
  • 白皮かじきの「味噌漬」 6切れ
  • 白皮かじきの「味噌漬」 6切れ
商品名 白皮かじきの「味噌漬」 6切れ
商品コード DF023748
販売価格 4,480円 (税込・送料別
便種
ポイント 290pt(7%)

お客様からのおいしい声

10/30

くろまめ様

味噌の味がしっかりついていて美味しかったです。

2/20

とら様

おいしい

7/17

ロッパ様

軽く炙って食べました。炙る事で味噌が香ばしくなり風味がたち、カジキとよく合って美味しく食べられました


商品詳細

内  容 白皮かじき味噌漬3切
特上白皮かじき味噌漬3切
原材料 シロカジキ(国産)(水域/太平洋、インド洋、その他)、味噌(大豆)、味醂、焼酎、食塩
保存方法 冷凍
賞味期限 発送日より15日間

発送について

  • 12/13(月) 12:30 までのご注文で

12/16(木)から
3日以内に出荷予定
です。

  • ※お届け日は出荷地域・お届け地域によって異なります。
  • ※青果物の場合、天候の影響で収穫時期が予定より前後する可能性がございます。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • ※パソコンでのお申込みの方には、発送日の午後に「発送予定メール」をお送りいたします。
  • ※商品は交通事情や天候等の理由により、お届けが遅れることがございます。
  • ※お届けに要する日数は最寄りのヤマト運輸営業店へお問合せください。

神奈川県三浦市三崎と言えば、まぐろ。
町のいたるところに、まぐろの文字を見つけることができます。
そのまぐろの町にある、「羽床総本店」という、まぐろの味噌漬屋さんにお邪魔しました。 昭和26年創業のこの店は、二代目の羽床信次さんと知人がまぐろを味噌漬にすることを発案。
しかし、まぐろを焼くと硬くパサパサになる事から、同じく、まぐろの漁業で一緒に漁獲されていた、「カジキまぐろ」に注目。
カジキは、まぐろと似た大型魚で、生息海域も広く、身質も似ているため、カジキまぐろの愛称で親しまれています。まぐろに比べ、焼いてもパサつきが少なく、しっとりとしているため、かじきを使い、味噌漬の製造を始めました。
その当時、冷蔵技術がない為、味噌漬にすることにより、日持ちがするようになり、海のない遠方のお客様にも届けることが可能になったそうです。
現在は、取締役山本さんが中心となり製造し、「まぐろの味噌漬」の愛称で親しまれいています。

カジキと言っても、マカジキ、メカジキ、シロカジキ、クロカジキと様々な種類が存在しますが、羽床総本店で使用するカジキは「白皮かじき」。名前の由来は、水揚げされた後、魚の皮の表面が白いことから「白皮もしくはシロカジキ」と呼ばれるのだそう。重さは、100kgを超えるほどの大きさです。
「白皮かじき」は、漁獲が極端に少ない「希少な素材」ですが、 実は羽床総本店が日本に水揚げされる約7割の白皮かじきを取り扱っているとのことで、漁獲が少ない中でも、良い素材を仕入れられるのです。
その身質は、まぐろに比べ白っぽく、ほんのりピンク色。まぐろと同じように、赤身、中トロなどの部位があります。

白皮かじき味噌漬のカジキは、刺身でも食べられる新鮮なカジキを使います。
大きな機械で、部位ごとに切り分けられたブロックを、職人が一つ一つ丁寧にさばいていきます。
そして味噌漬の調味料は、二代目がさまざまな土地から厳選し、辿り着いたこだわりの仙台味噌と味醂をベースにしています。その特製味噌ダレで3日間漬け込み染みこませれば完成。
今回は、食べ比べができるように、赤身と中トロ、2つの部位をお届けします。
刺身でも食べられますので、是非表面を炙る程度に両面焼き、レアの状態でわさびをつけて頂くのがおすすめです。カジキ特有のしっとり、ねっとりした食感を是非お楽しみください。

戻る