さっぱり 食べ飽きない!宇都宮餃子さつき 青しそと肉餃子の特別セット

宇都宮餃子さつき 青しそと肉餃子の特別セット

  • 宇都宮餃子さつき 青しそと肉餃子の特別セット
  • 宇都宮餃子さつき 青しそと肉餃子の特別セット
  • 宇都宮餃子さつき 青しそと肉餃子の特別セット
商品名 宇都宮餃子さつき 青しそと肉餃子の特別セット
商品コード DF031083
価格 7,010円
→ 6,130円(税込・送料別
便種
ポイント 56pt(1%)

お客様からのおいしい声

2/12

トシガンバ様

青しそと肉餃子がセットになっているので、両方を焼き餃子で食べました。2種類あるので、箸が止まりません!!

12/11

煩悩時住職様

皮がしっかりしていて餡の味も良かったです。

8/23

りゅう様

二つの味が楽しめるので良かったです。量もたくさんで、美味しかったです。

8/13

いたちの背泳ぎ様

外側がもっちりして美味しかったです。 青しその方が私は好きです。

7/31

E子様

両方とも皮がムチムチしていて美味しかった。

7/5

E子様

皮がもつちりして美味しかったです。

5/11

hirakazu様

とても美味しかったです。


商品詳細

生産地 栃木県
内  容 青しそ餃子 10個×6袋
肉餃子 10個×6袋
原材料 青しそ餃子:野菜(キャベツ、玉葱、ニラ、生姜、ネギ、ニンニク、青しそ)、豚肉、豚背脂、醤油、ゴマ油、食塩、小麦、皮(小麦、塩)※原材料の一部に大豆を含む
肉餃子:野菜(キャベツ、玉葱、ネギ、生姜)、豚肉、豚背脂、ゴマ油、食塩、清酒、小麦、皮(小麦、塩)※原材料の一部に大豆を含む
保存方法 冷凍
賞味期限 製造日を含め90日

発送について

  • 6/21(月) 12:30 までのご注文で

6/24(木)から
3日以内に出荷予定
です。

  • ※お届け日は出荷地域・お届け地域によって異なります。
  • ※青果物の場合、天候の影響で収穫時期が予定より前後する可能性がございます。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • ※パソコンでのお申込みの方には、発送日の午後に「発送予定メール」をお送りいたします。
  • ※商品は交通事情や天候等の理由により、お届けが遅れることがございます。
  • ※お届けに要する日数は最寄りのヤマト運輸営業店へお問合せください。

栃木県の中央に位置する、宇都宮市。言わずと知れた「餃子の街」だけあって、駅前には、看板、のぼりなどに、数多くの「餃子」の文字を発見することができます。
宇都宮に餃子が広まったのは、戦後、日本へ帰還した際に、中国から持ち込まれたものが発祥といわれています。当時、宇都宮餃子は、野菜たっぷりな餃子が主流だったそうで、その面影は今も伝承されています。その味の特徴は「毎日でも食べ飽きない、あっさりした餃子」。と語るのは、宇都宮餃子を代表する店舗のひとつ、「宇都宮餃子 さつき」の店主 山下さん。早速その製法を山下さんに教えてもらいました。

皮に使用する小麦は、強くて伸びがあり、もちもちとした食感の栃木県産小麦を使用しています。
皮の製造には、特に強いこだわりがあり、毎朝6時に山下さん自ら工場へ入り、その日の天候、気温、湿度によって水分量の調整をし、目と手の感触を駆使して、製造しています。ひとつとして同じ水分量ということはない、こだわりの皮。まさに職人技です。
使用する具材は、できるだけ栃木県産のものを使用。餃子の具としてはあまり聞かない、タマネギも使います。豚肉との相性が良く、旨味が増すのだそう。 山下さんは元々、和食料理人として腕をふるっていたそうで、その経験を生かし、味付けに、日本酒を使います。そうすることで、紹興酒などを使用することが多い本場風の餃子や点心に比べ、癖がなく、あっさりした味わいに仕上がりに。

さつきの青しそ餃子は、なんといっても使用する青しその量が多い点が特徴。 餃子1個に対して、およそ1枚分を使用しています。
まず、細かく刻んだものを餃子の具に。ここまではありきたりですが、ここからが最大の特徴、餃子の皮と、具の間に、カットした葉を一つ一つ手作業で丁寧に挟みこんで作っています。まずは、タレをつけずにそのままお召し上がりください。一口いただくと、皮のもちもちした食感と、青しそのさわやかな香りが口いっぱいに広がるのをご堪能いただけます。



そして、もう一品。青しそ餃子とは全く違う味を楽しませてくれる、さつきの定番メニュー「肉餃子」をご紹介します。
元々宇都宮餃子が中国から伝わった当時は、ニンニク、ニラは使用されていなかったそうです。時代とともに、強い味が好まれるようになり、今ではほとんどの餃子の具にニンニク、ニラが使われるようになりました。
そこで、今は少なくなった元祖宇都宮餃子の味を再現しようと完成したのが、「さつきの肉餃子」。
野菜と肉の比率を5:5にし、ニンニク・ニラを使っていないため、素材の持ち味をそのままを楽しめ、いくつでも食べらるような餃子です。
あっさりした味わいだけではなく、皮のもちもちした食感と、豚肉のジューシーさをシンプルに味わえます。
2つの異なる味わいの宇都宮餃子を是非ご家族揃ってお楽しみください。


■美味しいお召し上がり方
【焼餃子】
強火でフライパンを熱してから多めの油を引きます。
冷凍のまま餃子を並べ、餃子が1/3位ひたるまでお湯をかけてください。
蓋をして約5分〜6分強火で蒸します。
水分がなくなりましたら蓋を取り、中火にして焦げ目をつけて出来上がりです。
【水餃子】
鍋に水を入れ沸騰しましたら餃子を冷凍のまま入れてください。
箸などで2〜3回かき回し餃子が鍋底につかないようにしてください。
餃子を入れて4分〜5分で出来上がります(中火にて仕上げてください)
【揚げ餃子】
天ぷら鍋に油を入れ、油の温度が180度位になりましたら冷凍のまま餃子を入れて揚げてください。
中まで火がとおり、きつね色になりましたら出来上がりです。
※余った餃子は、冷凍庫で保管してください。
※油のハネには十分注意してください。

戻る