贅沢!コース料理の締めを飾る人気メニュー!「むぎとろごはん」と「とろろ茶そば」セット

「むぎとろごはん」と「とろろ茶そば」セット

  • 「むぎとろごはん」と「とろろ茶そば」セット
  • 「むぎとろごはん」と「とろろ茶そば」セット
  • 「むぎとろごはん」と「とろろ茶そば」セット
商品名 「むぎとろごはん」と「とろろ茶そば」セット
商品コード DF045976
価格 8,100円
→ 7,530円(税込・送料別
便種
ポイント 69pt(1%)

お客様からのおいしい声

9/11

tts様

簡単で美味しいです

4/15

理事長様

店で食べているものそのもので満足してます。


商品詳細

内  容 【むぎとろごはん】むぎごはん720g(90g×8袋入り)、味付とろろ640g(80g×8袋入り)
【とろろ茶そば】茶そば117.5g(めん90gつゆ27.5g)×6、とろろ50g×6
原材料 【味付とろろ】大和芋、しょうゆ(本醸造)、かつお節、食塩、かつお節エキス、昆布エキス、そうだ節エキス、さば節エキス ※原材料の一部に小麦、大豆、やまいもを含む
【麦ごはん】精白米(国産)、押麦(国産)、植物油
【茶そば】めん(小麦粉、抹茶、食塩、そば粉、小麦タンパク、やまいも粉)、調味料(しょうゆ、糖類(砂糖、果糖ぶどう糖液糖)、みりん、食塩、かつおエキス、椎茸エキス、タンパク加水分解物、昆布エキス、調味料(アミノ酸等)(原材料の一部に小麦、さば、大豆を含む)
【とろろ】大和芋(国産)、長芋(国産)
保存方法 冷凍
賞味期限 製造日より1年

発送について

  • 8/16(月) 12:30 までのご注文で

8/19(木)から
3日以内に出荷予定
です。

  • ※お届け日は出荷地域・お届け地域によって異なります。
  • ※青果物の場合、天候の影響で収穫時期が予定より前後する可能性がございます。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • ※パソコンでのお申込みの方には、発送日の午後に「発送予定メール」をお送りいたします。
  • ※商品は交通事情や天候等の理由により、お届けが遅れることがございます。
  • ※お届けに要する日数は最寄りのヤマト運輸営業店へお問合せください。

「東京を代表する名刹」と言えば、「浅草寺」。古くから、その門前には多くの人々が集まり、国内のみならず、世界各国からの観光客さえも惹きつけ続けています。
その浅草寺のほど近く、駒形橋のたもとに創業89年の「浅草むぎとろ」があります。
江戸時代から続く、老舗料理屋が集まる浅草の地で、後発の料理屋として成功するために、初代が全国各地に食材を探す旅をして「むぎとろごはん」に出会い、始めた「むぎとろの一杯飯屋」。その味は大切に受け継がれ、現在は、社長の田中一成さんが守っています。

一杯飯屋から始めたお店は、ただ、「とろろ」を提供するのではなく、常に新しいアイディアを取り入れ、「とろろ」を中心とした懐石料理屋にまで発展。
「日本の味、日本人の味であるとろろ料理を季節の感動とともに味わっていただくこと。常に新しいものに挑戦しながら、料理を創りだしていくこと」を目指し、その努力は高く評価され、連日大勢のお客様が長蛇の列を作って並んでいます。そんな「浅草むぎとろ」人気商品「むぎとろごはん」をご紹介します。

お客様から「お土産として持ち帰り味わいたい」との要望があり、試行錯誤するも、はじめは「お店の味にならなかった」そうです。それでも、構想から10年かけて、お店の味を再現することに成功。その秘密を少し教えて頂きました。

使用するとろろは、粘り気の強い「大和芋」。その「大和芋」がもつ粘り成分は、体に良いとされ、女性や、ご年配の方からも人気を集めています。
それを昆布と鰹ベースの「浅草むぎとろの秘伝出汁」で味付け。これこそが浅草むぎとろの人気の秘密であり、その味を求め、お客様が集まっています。
そして、セットの「むぎめし」は、硬すぎず、柔らかすぎない食感にするために、麦3米7の割合で炊き上げ、お店の味を再現することに成功。
その味は、上品でさっぱりした味わいで、何杯でも頂けてしまいます。
ぜひお茶碗から、豪快にずるずるっと召し上がってください。

1食ずつ小分けになっているので、食べたい分だけ食べられ、保存しておくのにも便利。さらに、食物繊維が豊富といわれる、「とろろ」と「むぎめし」は、毎日でも食べて頂きたい一品。
ぜひ、この機会に老舗とろろ懐石料理屋の「むぎとろごはん」をお取り寄せしてお楽しみください。

とろろは味がついていますので、そばやうどん、サラダにかけ和風ドレッシングとしてもお使いいただけます。

懐石コースの締めに提供される、「むぎとろ」に次いで人気の一品、「とろろ茶そば」。
コースを締めくくるにふさわしい、さらっとさっぱりいただける一品です。
とろろ製造へのこだわりはもちろん、粘り気の強い「大和芋」を使用し、茶そばに絡みやすいよう「長芋」を独自の配合でブレンドしています。
さらに、茶そばにもこだわり、南アルプス系「天竜川」の伏流水と本場静岡の高級抹茶を使用。
浅草むぎとろ自慢の「とろろ」を練りこみます。
それをそば職人の手作業により、手折りでじっくりと時間をかけて乾燥。
通常は8時間程度乾燥させるのですが、こちらはのど越しの良さをとことん追求するため、通常の6倍、50時間乾燥、熟成させているのです。
それにより、口当たりなめらかな仕上がりの麺が堪能できます。
早速、麺をゆで上げていると、上品な抹茶の香りが広がります。
のど越しのいい麺は、しっかりとした「コシ」があり、そこにやわらかで粘り気のあるとろろが絡みます。
夏でも、冬でも季節を問わず、堪能いただける一品。
お好みでのり、薬味等を添えて、ぜひとろろ懐石料理の名店の味をご堪能ください。

戻る