ワタの量が2倍!熟成30日以上 旨み凝縮 昔ながらの濃厚熟成塩辛 750g(150g×5)

昔ながらの濃厚熟成塩辛

  • 昔ながらの濃厚熟成塩辛
  • 昔ながらの濃厚熟成塩辛
  • 昔ながらの濃厚熟成塩辛
商品名 昔ながらの濃厚熟成塩辛 750g(150g×5)
商品コード DF060450
販売価格 3,980円 +消費税(8%)318円(送料別
便種
ポイント 39pt(1%)

SOLD OUT

お客様からのおいしい声

11/20

はなまる様

テレビで見て、母が食べたいと言ってたので、購入しました。 母は、美味しいと言っていました。

9/20

ヒロ様

とても、美味しかったです。もう一度買おうと思ったら売り切れで残念でした。

9/19

さわやか様

おいしくいただきました。


商品詳細

内  容 昔ながらの濃厚熟成塩辛150g×5

※材料の特性上、完全に凍らない場合があります。味や品質には問題ございません。
原材料 いか、いか内臓、還元水飴、食塩、本みりん、みそ(大豆を含む)、砂糖、かつお節粉末、かつおエキス、酵母エキス、でん粉/酒精、調味料(無機塩等)、酸化防止剤(ビタミンC)
保存方法 冷凍
賞味期限 出荷日含め60日目安

発送について

  • ※お届け日は出荷地域・お届け地域によって異なります。
  • ※青果物の場合、天候の影響で収穫時期が予定より前後する可能性がございます。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • ※パソコンでのお申込みの方には、発送日の午後に「発送予定メール」をお送りいたします。
  • ※商品は交通事情や天候等の理由により、お届けが遅れることがございます。
  • ※お届けに要する日数は最寄りのヤマト運輸営業店へお問合せください。

宮城県気仙沼市。ここは、宮城県の北東部に位置し、緑豊かな山々、その目の前には太平洋を望む、美しい自然に囲まれた町です。その気仙沼の港近くに、「波座物産(なぐらぶっさん)」があります。
2011年3月11日。東日本大震災に見舞われた際、「波座物産」も被災し、工場は波にのまれてしまいましたが、社員一同奮起し、再建。現在は新たな加工工場を設け、当時の従業員と共に一丸となって製品生産に取り組んでいます。その波座物産の人気商品 気仙沼の家庭の味を再現した「昔ながらの濃厚熟成塩辛」をご紹介します。

波座物産の塩辛を開発、製造しているのは、気仙沼工場の大原さん。
大原さんは、塩辛を作る前までは、めかぶ製品を生産していました。しかし、お客様に「家庭で食べているような塩辛は作れないのか」との声に、塩辛生産に取り組み始めたそうです。
気仙沼では、各家庭で手作りした塩辛が冷蔵庫に常備してあり、ほぼ毎日のように食べるのだそう。
家庭で作る塩辛は、余計な調味料は使わず、イカとワタを使った、昔ながらの塩辛です。
何せ、大原さん、塩辛づくりは初めてであった為、簡単には完成しませんでした。何度も何度も試行錯誤を繰り返し、形になるまでに6年を費やし、やっと完成。しかし、すべて手作りである為、商品の安定が図れず、返品されてしまうものも多かったそうです。
その後、ようやく今の製法に辿り着いたものの、震災が起こり、日々製造管理の記録をしていたノートが波に流されてしまいました。一から作らなくてはいけないと、肩を落としていた時、奇跡的にそのノートを発見。再度奮起し製造に取り組みました。 大原さんは今なお、「まだまだ完成ではない。今以上の塩辛をこれからも作り続けたい。」
商品作りへの追求はとどまることを知りません。

濃厚熟成塩辛のイカは、肉厚な時期に水揚げされた真イカを使用。イカの旨みを引き出すために、一夜干ししたものを使用する手間のかけよう。そして塩辛と言えば、イカの「腑」。水揚げしたその日に下処理をした、新鮮な船凍イカの腑を使用しています。それを塩分控えめに味付けし、先ほどの一夜干ししたイカを漬け込み、発酵させます。ただ漬込むだけではありません。この塩辛の最大の特徴は何といっても漬け込み時間。通常2〜3日で発酵を止め完成させる塩辛と違い、最低30日〜45日漬け込み、発酵させ、十分に熟成させます。それにより、イカの角がとれ、まろやかに旨みを凝縮させます。
さらに、イカの腑の量にもこだわりが。通常8%〜10%の腑と調味料で味付けし、着色料を使用して色を付けて作るそうなのですが、この塩辛は通常の2倍、20%のも腑を使用。着色料は使用しません。
ですから、塩辛の色はまさに、イカの腑の色そのものなのです。
極めつけは、「単に漬け込んだ順番」で製品化するのではなく、必ず大原さんが熟成度合を自分の目と舌で確かめ、さらに社員の舌でも確かめてから初めて完成するということ。季節や温度など、その時々によって熟成時間を見極めているのです。
まさに、職人技。
お酒のつまみはもちろん、白いごはんや蒸かしたじゃが芋バターとの相性も抜群です。ぜひ「昔ながらの熟成塩辛」を一度お試しください!

■美味しいお召し上がり方
冷蔵庫で解凍してお召し上がりください。

【注意事項】
開封後はお早目にお召し上がりください。
イカに含まれるアミノ酸の一部が結晶して白い斑点状のものが見られる場合があります。
また、イカの水分、腑の油が分離する事がありますが、品質上問題はありません。

★アレンジレシピ
塩辛豆腐チャンプルー
【材料】
塩辛:25g
もめん豆腐:1/2丁(150g)
タマネギ:1/2ヶ(約50g・厚めのスライス)
人参:1/3カット(約25g)短冊切り
卵:1ヶ(軽くかき混ぜておく)
サラダ油:大さじ1
醤油:小さじ1

【つくり方】
1.熱したフライパンに油を入れ、タマネギを入れて炒める
2.タマネギを炒め終わったら人参を入れる
3.塩辛&豆腐を入れ炒め、卵・醤油を入れてすぐに火を止め、余熱で炒める
4.余熱で炒める事で卵が半熟になり美味しい。最後に小口のネギを散らす

戻る