牛肉の繊維一つ一つに味が染みこんでいます!伊勢重特製 牛佃煮 300g(3包)

伊勢重特製 牛佃煮 300g(3包)

  • 伊勢重特製 牛佃煮 300g(3包)
  • 伊勢重特製 牛佃煮 300g(3包)
  • 伊勢重特製 牛佃煮 300g(3包)
商品名 伊勢重特製 牛佃煮 300g(3包)
商品コード DN026367
販売価格 4,480円 +消費税(8%)358円(送料別
便種
ポイント 44pt(1%)

お客様からのおいしい声

8/17

トクベツビン様

たいへん美味しいと思います。味が濃すぎると感じるかもしれませんが、量の取り方によると思います。

8/12

モカママ様

温かいご飯にかけてお茶漬けにすると最高です。

7/31

ヨンナ様

美味しいです。 辛口ですが、味がある。

7/26

ぴい08様

とても美味しく、ご飯がとても進みます

7/24

ろびん様

何もない時でもこれがあれば御飯を食べられます。ほんの少し御飯の上に乗せるだけでおいしいです。

5/23

nakajin様

ご飯のお供にちょうど良い味付けです。お値段がもう少し下がれば星五つ!

5/22

SPIKE様

子供の弁当が高級になりました。常温で保存できるのがうれしいです。

11/27

みっちー様

かなり塩分が利いていますので、少量でご飯1杯食べられてしまいます。いい味で美味しいです。

10/31

キューリ様

おいしかった。


商品詳細

生産地 東京都
内  容 100g×3包
原材料 牛肉・醤油・生姜 ※原材料の一部に小麦を含む
保存方法 常温
賞味期限 製造日含め3ヶ月

発送について

  • ※お届け日は出荷地域・お届け地域によって異なります。
  • ※青果物の場合、天候の影響で収穫時期が予定より前後する可能性がございます。予めご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • ※パソコンでのお申込みの方には、発送日の午後に「発送予定メール」をお送りいたします。
  • ※商品は交通事情や天候等の理由により、お届けが遅れることがございます。
  • ※お届けに要する日数は最寄りのヤマト運輸営業店へお問合せください。

東京日本橋小伝馬町にある「伊勢重」は、すき焼きの名店として、明治2年の創業以 来、多くのお客様に愛されている「名門」「老舗」という言葉がぴったりのお店。
初代の当主「宮本嘉津子」さんは、当時、一部の人の間で滋養強壮のために食されていた牛肉に注目し、すき焼き屋「伊勢重」を創業。
それから時は過ぎ140年余り、現在は6代目「宮本重樹」さんが「伊勢重」を守り続けています。

伊勢重には「すき焼き」と並ぶお店の看板商品があります。
それは「牛佃煮」。創業間もなくして誕生したこの牛佃煮は、それだけを求めて買いに来られる方も多い長年の人気商品です。
冷蔵庫などない時代。「牛肉を長期保存できないものか」と考え、日本人の口に合う醤油を使い、ごはんによく合う佃煮を考案したのです。
それ以来、すき焼きと牛佃煮は伊勢重の二大看板、だそうです。

牛佃煮の大きな特徴は、甘くないという事。
佃煮と言えば、砂糖と醤油などを使って、甘辛く煮付けたものを想像しますが、伊勢重の佃煮は全く異なります。
そもそも日持ちを目的として開発された商品ですので、砂糖や甘味料は一切使っておりません。
当時、添加物等はなかった為、素材はシンプルそのもの。牛肉としょうが、醤油のみで作られています。
つくり方はシンプルですが、人の手と、絶えず目を離さない、職人技が必須。
まず鍋で牛肉としょうが、醤油を秘伝の配合で煮込みます。そして赤身の旨みを引き出すため、余分な脂を丁寧に取り除きます。この工程が「牛佃煮の生命線」と6代目は言います。さらに煮詰めながら再度醤油を入れ、余分な脂を取る工程を2度ほど繰り返し、じっくり牛肉の繊維の隅々まで味を染みわたらせます。煮込み始めてから6〜7時間、絶えず細かい調整をしながら、目を離さず仕上げていく、正に職人技の賜物です。
ここで完成と思いきや、1晩蒸らし寝かせ、それを再び火にかけ、焦げないよう、木の棒で混ぜながら一つ一つの繊維をほぐしていきます。そして最後に、人の手で一つ一つの繊維になるよう丁寧にほぐし、およそ2日間かけてやっと完成。妥協を一切せず、創業から何も変わらないつくり方を守り続けている「伊勢重」の誇り「牛佃煮」をぜひご堪能ください。

しっかりと味が染みこんでいますので、ごはん茶碗1膳に対し、箸一つまみ、およそ4g程度で十分楽しめます。
100gの包み1つでごはん茶碗30〜40杯分を楽しむことが出来る優れもの!
白いごはんはもちろん、お茶漬けやおにぎり、チャーハンに入れたり、温かいそばやうどん、冷奴に乗せてお楽しみください。

★6代目おすすめアレンジレシピ★ 
〜牛佃煮パスタ(2人前)の作り方〜
パスタを茹でている間に、刻みにんにくと鷹の爪をオリーブオイルで熱します。
香りが出てきたら、しめじや椎茸、舞茸など、お好みの量のきのこと、半分にカットしたプチトマトを炒めます。
そして水を150ccと牛佃煮大さじ1を入れ、少し煮立たせます。
そこへ茹で上がったパスタを入れ最後に春菊と混ぜ合わせます。
お皿に盛り付け、上から牛佃煮大さじ1を振りかけて完成!
濃い味がお好みであれば、さらに牛佃煮を入れても○。春菊の代わりに大葉でも楽しめます。
是非、和と洋のコラボレーションもお試し下さい。

戻る